Event, Exhibition, Information, News, Project

Scottish Exhibition and Event for Ilana Halperin: Geologic Intimacy (Yu no Hana)

Courtesy of the artist, Patricia Fleming Projects and WAGON. Photography: Sachiyo Ando.

Courtesy of the artist, Patricia Fleming Projects and WAGON. Photography: Sachiyo Ando.

Scottish exhibition and event for ‘Ilana Halperin: Geologic Intimacy (Yu no Hana)’ will be held at Peacock Visual Arts in Aberdeen.

‘Ilana Halperin: Geologic Intimacy (Yu no Hana)’
A new geothermal art/science project curated by Naoko Mabon (Aberdeen, Scotland and Beppu, Kyushu, Japan).

Opening: Thursday 30 March, 6-8pm. All welcome
Exhibition runs: 31 March – 29 April 2017
Location: Peacock Visual Arts

Artist’s Talk: Saturday 1 April, 3.00-4.30pm
Ilana Halperin will be in conversation with Professor Tim Ingold from the Anthropology Department of the University of Aberdeen and Peacock Visual Arts’ Director Nuno Sacramento about her exhibition. This is a free event but space is limited so please book using the event link below:

www.peacockvisualarts.com/ilana-halperin-geologic-intimacy

Peacock Visual Arts are delighted to present Geologic Intimacy (Yu no Hana) by Ilana Halperin. Following the first showing of this work at Fujiya Gallery Hanayamomo in Kyushu, Japan, Geologic Intimacy (Yu no Hana) will extend to include a new series of prints commissioned by Peacock.
This project marks the first time Halperin has exhibited in Japan and Aberdeen and continues a historical narrative between Kyushu and Aberdeen which began with the 19th Century ‘Scottish Samurai’ merchant Thomas Blake Glover.

For 20 years, Ilana Halperin dreamt about Beppu. In 1995, back in the urban geology of New York City, she found a book on the street about volcanoes. A chapter on Beppu featured – with photographs of children cooking eggs on the streets, steam coming through every crack in the sidewalk, and a pool as red as blood. In New York, steam vents erupted at every corner, but these were industrial rather than natural. She imagined a correlation between her home city and Beppu, a place with steaming vents and boiling springs, where daily life was lived and informed by a direct relationship with geothermal phenomena.

In 2014, Halperin went to Beppu for the first time on a research residency with BEPPU PROJECT. Geologic Intimacy (Yu no Hana) grew out of this time. Beppu is the second most geothermally active site on earth, after Yellowstone, USA. It is a primary location for the potential of geothermal power in Japan. Over the course of a year, new geothermal sculptures slowly formed in the Kannawa hot springs of Beppu. In September 2016, Halperin returned to Beppu to take the new sculptures out of the water and install a solo exhibition at Fujiya Gallery Hanayamomo, a beautiful listed Meiji Era building. The exhibition coincided with the blossoming of the venue’s 200-year-old Mokusei tree, reflecting philosophical approaches within Halperin’s practice – thinking in time scales longer than the human lifespan.

The exhibition at Peacock Visual Arts will feature new Japanese sculptures, alongside a geothermal sculpture formed in Iceland, a limestone sculpture formed in a French cave, a film shot onsite in Kyushu during Ilana’s fieldwork sessions in 2014, and new works on paper commissioned by Peacock. To employ experimental processes, field work, and traditional print-based methods, Halperin is developing a new series of work with Peacock’s Master Printmaker, Michael Waight, utilising Yame Washi paper – the oldest Japanese handmade paper in Kyushu which can last 1,000 years – in combination with hot spring minerals she collected in Beppu.

To pair with the ‘field pigments’ from Japan, Halperin visited Dr Allan Lilly, Principal Soil Scientist at The James Hutton Institute in Aberdeen in January 2017, who introduced her to the National Soils Archive founded in 1934. A selection of Scottish soil was generously donated to the project, including soil sourced from Slighhouses Farm where James Hutton, the ‘Father of Modern Geology’, farmed and began to formulate radical ideas about the age of the earth and deep geologic time. The nature of materials within these new works reflects the unique processes which formed the geothermal sculptures in Beppu, continuing the narrative of exchange between places intrinsic to this project.

Halperin and Mabon are working with the Glasgow based design studio Graphical House on a limited edition Artist Book that will mark the completion of the project, acting as a printed matter response to this ambitious and culturally diverse project. For more details on the publication visit the project website geologic-intimacy-yu-no-hana.tumblr.com.

::::

「イラナ・ハルペリン:地質学的むつまじさ(湯の花)」スコットランド・アバディーン展・イベント

展覧会日程
会期:2017年3月31日(金)- 4月29日(土)
会場:Peacock Visual Arts(21 Castle Street, Aberdeen AB11 5BQ Scotland、www.peacockvisualarts.com)
時間:火曜–土曜 9.30am – 5.30 pm
展覧会オープニング:2017年3月30日(木)6.00 – 8.00 pm

関連イベント
アーティストトーク 2017年4月1日(土)3.00 – 4.30pm
イラナ・ハルペリンがアバディーン大学 文化人類学科教授のティム・インゴールド教授、Peacock Visual Artsディレクター・ヌノ・サクラメント氏を交え本展について話します。席に限りがありますので以下のリンクから予約をお願いします:

www.peacockvisualarts.com/ilana-halperin-geologic-intimacy

20年もの間、アーティスト、イラナ・ハルペリンは別府のことを夢見ていました。始まりは1995年、いわば都市としての地質を持つニューヨークの街角で彼女はある火山についての本に出会いました。そこには「BEPPU」という項があり、路地で卵を茹でる子どもたち、歩道の割れ目から立ち昇る湯気、血のように真っ赤な池、などの写真が載っていました。それらのイメージは世界の他の町がどんなものであり得るのかというハルペリンの理解のなかに染み込んでいきました。ニューヨークでは至るところで通気口から蒸気が噴き出していましたがそれらは自然のものではなく工業的なものでした。彼女は自分の生まれ育っ
たニューヨークと別府 − 蒸気の噴き出す通気口のある都市と、温泉があちこちから湧き出し、地熱活動との直接の関わり合いによって日常生活が営まれている町 − の相関関係に思いを馳せました。

時はめぐり2014年、ハルペリンはBEPPU PROJECTとのリサーチ滞在のため初めて別府を訪れました。本プロジェクト「地質学的むつまじさ(湯の花)」の構想はこのときに育まれました。

別府は世界で第2番目、Yellowstoneの次に大きな地熱密集地域です。また日本の地熱発電の可能性を探る上では最も重要な土地でもあります。丸1年の時間をかけ新しい地熱彫刻が別府・鉄輪の5箇所の源泉のなかでゆっくりと生成されました。2016年9月、ハルペリンはメイボンとともに別府へ再び赴き、地熱彫刻をお湯から引き揚げ、鉄輪温泉街にある美しい明治建築(登録有形文化財)冨士屋Gallery一也百にて展覧会を開催しました。展覧会はGalleryの庭園にある樹齢200年のウスギモクセイ(大分県 特別保護樹木)の開花時期に合わせての開催となり、このことはハルペリンの作品が私たち人間の理解する時間よりも遥かに大きなスケールの時間を喚起させるという哲学的なアプローチにも照応していたと言えるでしょう。

スコットランド・アバディーンのPeacock Visual Artsでの展覧会は日本の地熱彫刻とともにアイスランドで制作された地熱彫刻、Peacockからコミッションを受けた平面作品で構成されます。現在、九州で最も古い手すき和紙である八女和紙と、別府で入手した温泉のミネラル成分を材料に、実験的なプロセス、フィールドワーク、そして昔ながらの版画技法を取り入れながら、Peacockの版画マスター、マイケル・ウェイト氏とともに平面作品の制作が進められています。

温泉のミネラル成分、いわば別府の ‘フィールド・ピグメント’ と対をなすインクを作るため、ハルペリンは2017年1月、The James Hutton Instituteの土壌科学者アラン・リリー博士を訪ねました。そこでは1934年から始まりInstituteが管理している国の土壌アーカイヴから、大変寛容にいくつかのスコットランドの土のコレクションがプロジェクトに寄贈されました。コレクションには ‘近代地質学の父’ として知られるスコットランド人地質学者、ジェームズ・ハットンその人が耕し、地球の年齢と深い地質の時間に関する急進的な考えを構築するきっかけとなった場所、Slighhouses Farmの土も含まれています。つまりハルペリンの新しい平面作品のための素材は、別府の地熱彫刻のユニークな制作プロセスを反映し、本プロジェクトに関わる場所、そしてそこにまつわる物語を続けるものです。

さらにハルペリンとメイボンはスコットランド・グラスゴーのデザインスタジオGraphical Houseとともに数量限定のアーティスト・ブックの制作を進めています。このアーティスト・ブックはプロジェクトの結びとなるだけでなく、意欲的で文化の多様性に富む本プロジェクトに応答する印刷物となる予定です。アーティスト・ブックの詳細についてはプロジェクトウェブサイトに随時アップデートされる予定です:geologic-intimacy-yu-no-hana.tumblr.com.

本プロジェクトは日本とアバディーンでハルペリンの活動と作品が紹介される初の機会です。また、アバディーンは日本の近代化に大きく貢献した「スコティッシュ・サムライ」トーマス・グラバーの生誕地であることからも、本プロジェクトを通じ九州とアバディーン、あるいはスコットランドの間の文化交流が今後さらに発展していくことを願ってやみません。

::::

Supported by:
Creative Scotland
Peacock Visual Arts
NPO BEPPU PROJECT
The Elephant Trust

Cooperation:
Fujiya Gallery Hanayamomo
Hyotan Onsen
Ryokan Mikasaya
Hotel Fugetsu HAMMOND
Yanagiya
Sunahara Onsen
Bloody Pond Hell
Matsuo Washi Studio
Patricia Fleming Projects
Graphical House
The James Hutton Institute

Project Advisor:
Marianne Bevand