Information, News, Project

Aberdeen // Yubari

‘Aberdeen // Yubari’ is a cultural exchange between two cities built around energy – Aberdeen, Scotland and Yubari, Japan.

The exchange originated in a series of activities conducted in 2018 by Naoko Mabon, Aberdeen-based curator, and Manami Sato, Director of Shimizusawa Project in Yubari, in cooperation with Dr Leslie Mabon (Robert Gordon University) and Peacock Visual Arts, and supported by the partnership funds of British Council and Creative Scotland. Building on the 2018 activities, the team is now setting up a new printmaking project involving their community and context, with support from Peacock Visual Arts and Creative Funding of Aberdeen City Council.

「アバディーン // 夕張」はエネルギー産業によって成された遠い国の二都市 − スコットランド・アバディーン、北海道夕張市 − をつなぐ文化交流の試みです。

この交流は2018年にメイボン尚子(アバディーン在住キュレーター)と佐藤真奈美(一般社団法人 清水沢プロジェクト 代表)がレズリー・メイボン博士ロバートゴードン大学)とピーコック・ビジュアル・アーツの協力、そしてブリティッシュ・カウンシルクリエイティブ・スコットランドの助成を受け両都市で行った活動を機に始まりました。2018年の成果を基盤に、この度運営チームは、アバディーン市からの助成とピーコック・ビジュアル・アーツの協力を受け、再び両地の人々や文脈に寄り添いながら行う新たな版画制作プロジェクトを行います。

To further the existing dialogue into a simple yet creative and tangible exchange, ‘Aberdeen // Yubari’ aims to produce a limited edition print work collaboratively with people in both cities. One community member will be selected from each city for making a small image based on their local landscape. Two images will be neatly printed next to each other at Peacock Visual Arts’ print studio. The resulting prints will be widely promoted in both locations to highlight a unique regional narrative which connects two locations.

The project timeframe is well situated within the major bilateral programme Japan-UK Season of Culture 2019-20. 2019 also marks the 160th anniversary of the Aberdeenshire-born ‘Scottish Samurai’ merchant Thomas Glover’s first landing in Japan in 1859. This project hence aims to celebrate and advance international exchanges between two distant cities/nations, and the views and activities of their communities.

For more info and future updates, please visit: www.aberdeen-yubari.tumblr.com

すでに両地の間に育まれつつある対話を発展させるため、シンプルながらも創造性で具体的な交流のかたちとして、両地の人々との協働作業による数量限定の版画作品を作ることを目指します。各都市から1人ずつが選ばれ彼らにとっての地元の風景をテーマとする小さなイメージが作られます。2つのイメージは隣どうしに並べられ、版画工房として45年もの歴史を持つピーコック・ビジュアル・アーツにて1枚の紙の上に丁寧に印刷されます。完成した作品は広く広報され、遠く離れながらも共通の物語を共有する両地のユニークな関係に再び光を当てます。

プロジェクト期間は2019年のラグビー・ワールドカップと2020年の東京オリンピック・パラリンピックを契機に日本と英国間で交わされた「日英文化季間」のタイミングと重なります。また2019年はアバディーン州出身の “スコティッシュ・サムライ”、トーマス・グラバーが初めて日本に上陸した1959年からちょうど160年目の節目の年でもあります。本プロジェクトでは遠く離れた都市間や国の間の交流はもちろん、それぞれの土地に住む人々のまなざしや活動に着目し、それらをより活発に盛り上げたいという狙いがあります。

より詳しいことや今後の新情報はプロジェクトウェブサイトをご覧ください: www.aberdeen-yubari.tumblr.com

* Images: from Tumblr Rainbow theme designed by danny0000